臨時増刊 - Online FX投資ジャーナル

[image]79657人以上の個人投資家が毎朝購読中 松下誠の無料メールマガジン「ゆったり投資道」

下落スタートとはならなかったが、、、

クロス円相場は、週末には下落が続いていましたが、
週明けのオープンから今までの時間帯においては上昇という
値動きが展開されています。

今後、高値切り上げの上昇になっていくのか?

こんばんは
コナンです

先週末に大きな下落相場となっていましたが、今週は
下落継続ではなく、少し値が飛んで下落した後、回復する
ような展開が起きています。

おそらく『なんだ、下落が続かないのかよ!』と言う感じの
人よりも、『良かったまずは回復してくれた』という感じで、
“ほっ”としている人の方が多いと思います。

このまま回復していくか?今週の相場はまさに注目になります。

この週末、相場の値動きが気になって気になって仕方がなかった、
今日の相場が大きく下落するのではなく、回復気味に推移して
ほっとしたと思っている人に言っておかなければいけない事が
あります。

それは“まだ相場は分からない”という事。

そして、ほっとしているとしたら、それはトレードを
していく上で、あまり良い状態ではない、という事です。

(ほっとする事がいつも必ずいけないわけではないですが)

今、クロス円相場は強い豪ドルでも、一定のレンジ内で、
価格が推移するボックス相場(持ち合い相場)の中にいます。

今後、どういう方向で動いていくのか?については、
このレンジを抜けるまでどう転ぶかは分かりません。

上昇していくとなれば、大きなエネルギーが上向きに
傾く可能性、確率は高くなりますが、まだ上に抜けたわけでは
ないので、下に抜けてしまう可能性もあります。

そして、下に抜けてしまえば、どうなるか分からない、、、
という事になります。

だから、まだ“ほっ”としていてはいけません。

そして、そもそも“ほっ”としている事自体が良い状態のトレード
ではないというのは、相場の世界でやって行こうと思うなら、それが
利益であれ、損失であれ“心が揺れ動くようではいけないから”です。

多くの人は、上に傾けば、口座のお金がどんどん増えて、
ワクワクドキドキするけど、下落すれば口座残高が急激に
減るからハラハラドキドキ。

ドキドキというよりもドックンドックンする、というような
心が揺れるトレードをしています。

今の相場は、ハラハラ、ドキドキ、ドックンドックン
している個人投資家は多いと思います。

多くの個人投資家は、年間20%の利益よりも
年間200%の利益の方がいいと考えています。

そのせいでハラハラドキドキ、サイズの
大きいトレードをしてしまっています。

その結果、残念ながら利益20%どころか、
資金をすべてなくしてしまっています。

トレードの世界で利益を上げて行こうと思うならば、例えば、
相場が悪いときでも損切りにかかると思うような相場であっても、
自分のトレードルールが買いを示しているのであれば買っていける、
そういう状態にならなければいけません。

(たとえば今の為替相場のように一定のレンジ内で、
行ったり来たりするような相場の時でもです。)

トレードの度にハラハラドキドキ、上がればハッピー、
下がれば地獄という伸るか反るかのトレードでは、相場が少し
悪くなればトレードを続けられなくなります。

そして、チャンスを逃します。

続けられないトレードでは利益を上げる事は出来ません。

今日は相場が戻したから、ほっとしたとか、
今日は相場が下落したので、不安で仕方がない、

あるいは、今の為替相場はボックス圏を上に抜けてくるだろうか?

という目先の事にとらわれるのではなく、サイズを小さくして、
欲に囚われないトレードをして行きましょう。

サイズを小さくする事で、苦しかったトレードがラクになり、
不思議と利益が上がり始めたりもします。
(やることをやっていれば)

PS
注目の為替相場をラクな気持ちでトレードをして行きたい方は
下記のページからセーフリッチFXプログラムに参加してください。
  ↓
http://123direct.info/tracking/af/245033/ikI64Gjh/
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。