投資で利益を上げるのに必要な3つの要素 - Online FX投資ジャーナル

[image]79657人以上の個人投資家が毎朝購読中 松下誠の無料メールマガジン「ゆったり投資道」

投資で利益を上げるのに必要な3つの要素

残り108名で終了!松下誠と野川徹のCFD対談セミナー
“CFDの優位性を活用して利益を倍増させる方法”
参加したい方はこちらから

http://123direct.info/tracking/af/245033/ux4E1wxL-RUFYCCbz/

こんばんは
コナンです。

なぜ、為替相場がなかなか立ち上がってこないのか?

先週はアップとなり、期待のかかった今週だっただけに
イライラを募らせている人が多いのではないか?
と思われる為替相場の展開です。

先週末の日曜日に臨時でお届けしたメールで、

先週の反発上昇は、トレンドではなく反発である、
という事を明確にお伝えしましたが、その意味が分かって
頂けたかとおもいます。

トレンドとは、市場に参加している多くの人が“今は買いだ”
と思っている時の状態であって、今の相場は決して、そういう
状況にはなっていません。

これからトレンドを発生させるかどうか?
という相場状況です。

じっくりと相場に集中して、相場のエネルギーが売りから
買いに傾き始める時に備えて行きましょう。

今日わざわざ臨時でお伝えしようと思っていた事は相場の事ではなく、
(それもありますが)利益を上げるために、必要な3つの要素に
ついてです。

相場、市場動向、値動きが良いというのは、利益を上げていく
ための要素としては3つのうちの1つでしかありません。

実際、相場が良かったら、利益を上げやすくなりますし、相場が
良い事はすべての投資家にとって歓迎されることではありますが、
だからと言って、すべての投資家が利益をあげられるか?
というと決してそうではないんです。

あくまでも利益を上げていくための1つの要素でしかないんです。

安定して利益を上げていくには、残り2つが必要になってきます。

残り2つはなんだと思いますか?

2つ目は、トレード戦略であり、トレード手法です。

どういう戦略で相場に臨むのか?どういう投資をして、市場から
利益を上げていくのか?その方法がなければ、漠然とした相場の
値動きの中から利益を上げていく事は出来ません。

戦略、手法を確立する事は投資家にとって最初のクリアすべき事項です。

いつも松下誠がメールを通じて言っている事ですが、
どうやっても避けられない事なので、ぜひ自分の投資戦略、
トレード手法については確立して行ってください。

3つ目は何だと思いますか?

正直、一番大事な事のように思います。

“投資用資金”だと思いますか?

それも確かに大事なモノではありますが、そういうの
ではない要素をここでは取り上げています。

3つ目の大事な事は、自分自身の状態管理です。
あるいは“自分自身”そのもの、と言ってもいいと思います。

自分の状態が悲観的であったり、利益を上げられるはずがない、、、
という精神状態であったり、自分のトレード戦略、トレード手法を
怖くて実行できない、という状態の時に利益を上げて行けると
思いますか?

相場の状態も良い、自分のトレード戦略、手法も持っている。
だけど、利益を上げていけるイメージがない、不安で不安で
まともなトレードを実行できる状態ではない、

という状況だと当然、利益を上げる事は出来ません。

トレードで利益を上げるためには、そういった“3つの要素”
がバランス良く成立していなければいけないんです。

あなたは、今どういう状態ですか?

1つ目の相場の動向、値動きなど相場状況については
自分ではコントロールできるモノではありませんが、
市場は必ず安定してくるので、大きな問題ではありません。

だけど、2つ目、3つ目はどちらもあなたの
コントロール下にあるモノです。

自分のトレード戦略を明確にして、トレード手法を作り上げている、
そして、安定した精神状態で実行していける自分がいる。

というのであれば、私が何か言う必要は決してないと思います。

だけど、そういう状態になっていますか?

“自分のトレード戦略も持っていない”

相場が悪いから、トレードするのが怖い、不安でとても
利益を上げられるイメージが湧かない、、、

という状況だとしたら、利益を上げるための3つの要素が
全て成立出来ていないという事になります。

その状態ではとてもじゃないですが、利益を上げる事は出来ません。

相場が良くなれば、自分の状態も良くなると思っている人も
いるでしょうが、残念ながらそれではすべてを相場に支配されて
いる事になり、それは利益を上げていくトレーダーとしての
あるべき姿ではありません。

相場の値動きにいつも振り回されてしまっている大衆投資家、
利益を受け取る側ではなく、利益を提供する側の参加者の行動
パターンです。

利益を上げている投資家、あるいは、相場の世界で生活を
している専業投資家は、いつも自分の状態を安定させています。

相場が揺れているからと言って、自分まで揺れたりはしません。

そして、相場が安定していたり、加熱しているからと言って、
それまた自分まで加熱していく事もありません。

やるべきこと(トレードルールに沿っていつも通りの
トレードをしていく)を淡々とこなすだけです。

もし、投資で利益を上げるのに必要な3つの要素を、
自分の中に作り上げられていない、という事であれば、
野川徹のオンライントレードマスタースクール4期生に
参加してください。


野川徹のスクールに参加する事で、

トレードを構築する事が出来るようになります。

相場の本質を理解していけるので、慌てたり、不安に
なったり、恐怖を感じにくくなります。

自分の状態を安定させていくエクササイズに
ついて知る事が出来ます。

そして、今回はCFD対談セミナーまでついて来るので、
1つ目の要素である“相場要因”これについても自分で
コントロールしていく事が出来るようになります。

市場が悪ければ、良い市場を探して良い市場で
トレードをしていけばいいからです。

相場の世界で利益を上げている人には、
利益を上げている理由があります。

市場、トレード、そして自分、この3つについては必須です。

これを確立、成立させずに利益を上げていく事は出来ません。

ぜひ3つの要素を確立してください。
相場の良し悪しで、感情や行動をコントロールされる事の
ないようにして行きましょう。

PS
野川徹のオンライントレードマスタースクールは
残り108名で受付が終了します。

投資で利益を上げるのに必要な3つの要素を身につけ
られていないのであれば、ぜひ参加しておいてください。
  ↓
http://123direct.info/tracking/af/245033/HM5cWq0U-RUFYCCbz/
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。