Online FX投資ジャーナル

[image]79657人以上の個人投資家が毎朝購読中 松下誠の無料メールマガジン「ゆったり投資道」

24時間日足の弊害

市場の電子化が進み、
各国の取引所で取引の24 時間化が進んできています。

上場市場でもCME やNYMEX、COMEX を束ねる
CME グループの電子取引では、
システムの繰越処理が30 分あるだけで、
ほぼ24 時間の取引を実現しています。


以前は旧来の Pit 取引と、
新しい電子取引が共存していましたが、
現在は流動性の大半が電子取引に移り
Pit 取引そのものが無くなった市場も増えてきました。


こうした電子化による24 時間取引が進んだことで、
日足の区切りも以前とは変わってきています。


FX同様、NY での清算業務時をベースとする24 時間を1 日として、
日足も24 時間日足となっているところが大半です。


稀に Day として
Pit 時間の日足を提供しているベンダーもありますが、
これもかろうじて残っている実際のPit の売買を
日足として提供しているところは、
約定がわずかしかありませんので、
まともなチャートにはなっていません。

しかし同じようにDay(Pit)となっていても、
電子市場の売買の中から、
かつてのPit 取引の時間帯の売買だけを
切りだして提供しているところは、
ちゃんとした日足チャートになりますので、

こちらは使い物になります(残念ながらこちらは少ない)。


電子化によって 24 時間取引が可能になったとはいえ、
人間はいつかは眠りますので
生活の時間帯はあまり変化は無く、
結局流動性が集中するその市場の中心取引時間は、
Pit取引の頃とあまり変わりがありません。


この中心時間帯以外の時間にも
発表やニュース等のイベントで、
取引が活発化することはありますが、

基本的には今でも
かつてのPitの時間帯の値動きが最も活発であり、
信頼性が高いと思います。


テクニカル指標の大半は、
終値ベースで計算されるものばかりですので、
Pit の時代と終値の時間が変わってしまったことによる影響や、
日足の高値安値が実態を伴わない
薄い売買でついた価格になっていることの影響は、
少なからずあると考えておくべきでしょう。


電子化が進んで便利になった反面、
こういう弊害も出てきているのです。

さて、とっても大切なので、
野川徹氏のコラムから抜粋させていただきました。

野川氏のトレード方法に関して直接学びたい方は
メール登録

(無料です)

トレードパターンは多い方がいい?

おはようございます
コナンです。


さて、相場は今、様子見状態ではありますが、
基本的にはトレンド転換している中での様子見
の相場だと見ています。


つまり、何かがきっかけ(何かは分かりませんが)が
あれば、トレンドを加速させる可能性は十分ある相場
展開だという事です。


株にしても為替にしても、同様に。


こういう相場の時に、準備するべきは何だと思いますか?

トレンドが加速する場合のトレードパターンと、

トレンドがゆったりと上げては若干下げ、
また上げては若干下げ、、という展開のパターンの
どちらが出てきても、対応できるトレード戦略を
持っておく事です。

前者は、いわゆる“押し目待ちに押し目なし”という
強い値動きのため、ボーっとしていると何も出来ない
(チャンスを見逃す)ということになりますし、、、

後者は、押し目は形成するけど、その分弱いため、
損切りに合う可能性も高くリスクがあります。

どちらの展開になるかは分かりませんが、
そのどちらのパターンに対しても、適切な売買戦略を
持っていれば、、、どちらが出てきても捉える事は
出来ます。

多くのトレーダーは、売買パターンを
そう多くは持っていません。

その分、チャンス相場を見逃してしまう
ケースがよく発生します。

ただ、それは決して悪いことばかりではありません。

確かにチャンスを捉えられない事もあるけど、
その分、しっかりと自分にとってのチャンスを
捉えていけばいいだけだからです。

一番良くないのは、、、


その相場状況に対して、場当たり的に
(その場の相場観で)捉えようとする事です。

トレードパターンを持っていないなら、
相場の値動き次第ではチャンスを捉えられない
可能性はもちろんありますが、その分、損をする事
もありません。

でも、チャンスを見逃したくない!と言って、
場当たり的に、その場の相場観で売買しようとすると
たいていの場合、失敗します。

単一のトレードルールで売買していて、
チャンス相場が少なくても別にかまわない

それくらいが自分のトレードスタイルだ!

という場合は、ご自身のトレードスタイルを
貫いていけばいいのですが、、もっとチャンスを
増やしたい!

もっと売買回数を増やしたい!

そして、もっと利益をあげたい!

という事であれば、複数のトレードパターン、
あるいは複数の売買戦略を身につけて、自分に
とってのチャンスを広げていってください。

それはあなた次第でいくらでも手にする事が出来ます。

自分にとってのチャンスの見つけ方は、
“この相場のこの値動きを取りたい!”と思う事から
スタートします。

あるいは、なぜ、私のトレード手法、トレードルールだと、
この値動き、このチャンスは捉えられないんだ!どうすれば
この強いトレンドを捉える事が出来るだろうか?

と疑問に思う事です。

そこから新しいトレードアイデアが浮かび、
新しいトレードパターン、トレード戦略が
浮かんできます。

相場は今は、まだ様子見ですが、、動き出したら
一気にくる可能性もあります。

しっかりと集中して行きましょう。

複数の売買戦略を基本からしっかりと学び、
マルチストラテジーを目指したい!という方は
野川徹さんのトレーダー養成講座
〜売買戦略徹底マスター編〜に参加してください。
 ↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1U14VG+8FN9GY+22RE+2N9ZXV

投資でお金を稼ぐための基本

エコノミストのミルトン・フリードマンは、
お金の使い方について、ある理論を提示しています。


それによると、若い頃は収入を増やし、それを資産に投資する。


年を取るに従って退職のピークの年齢になるまでは、さらに稼いで投資もする。


そして退職後は、それまで増やした財産を少しずつ使っていくのだそうです。

 

シンプルに考えれば、生涯の大まかな収入を査定し、
この先どれくらい稼げるのかという想定に基づいて
様々な決断を下すということです。


究極の目標は、退職後も十分にやっていけるだけの資産を築くことでしょう。

築くべき、と言わなくてはいけないのかもしれません
そうでなければ、老後の生活は厳しいものになるからです・・・
 
さあ!こちらで

「投資でお金を稼ぐための基本」を学んでみませんか?
          >>>> 投資でお金を稼ぐための基本

リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。